FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンゴ水槽

サンゴ水槽

みなさん こんにちは。
最近の猛暑でちょっとバテ気味な今日この頃ですが、頑張って乗り切って行きたいと思います。
みんさんも体には十分気をつけて下さいね。

さてちょっと前に紹介したサンゴ水槽ですが、完成に近づきました。
なるべく経費をかけずに作ると言うのが今回の最大のテーマでしたが、
なんとか低コストを維持しつつ実現できそうな感じになってきました。

今回の最大の難関は、日本で売られている海水魚用(サンゴ用)のパーツがあまりにも高すぎる(海外市場の3倍から物によっては10倍以上)ので、いかにしていろいろな必要パーツを手に入れるかということでした。

メタハラに至っては400Wの製品になると5万円程度もするので全く手が出せない状態でした。
そこで考えたのがやはり海外からの直輸入と言うことで、アメリカの方から1セット二万円弱という値段でクリアできました。
日本にもパンドンタイプ(釣り鐘型)など2万5千円程度で買える物もあるにはあるのですが、
球のタイプが古いのと、キャビネットタイプの水槽には使えないと言うのが問題でした。

今回仕入れた物は、アメリカ製のスパイダーリフレクター、ソケット、バラスト、電球がワンセットのもので、
特徴としては、レトロフィットと言われる形式でバラスト(変圧器)が一体型で無いので水槽とキャビネット上部に隙間のない場合に適しているというものです。
電球はドイツはラディウム社の2万K(ケルビン)を選択しました。
通常150Wや250Wの弱い光線量の場合ですと 2万Kは少し色温度的に青すぎるのですが、
400Wあると光線が強いので白く飛びますから2万Kぐらいでちょうどいいのです。
メタハラと一緒にアティニックライト(VHOなどの青色ライト)を併用しなくても
十分綺麗な色を演出してくれるので、400Wをお使いの方には2万Kがお勧めです。

ということで次回はプロテインスキマーについてちょっと書いてみたいと思います。
ではまた~~~~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Satoshi

Author:Satoshi
アメリカ在住23年を経て、日本で熱帯魚界デビューしました。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧有り難う御座います!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。