スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマー

ミャンマー

みなさん 明けましておめでとう御座います。

本年も宜しくお願い致します。

昨日タイより無事に帰国しました。 今回は現地買い付けというよりも採集がめいんでしたので、

旅の写真を少しずつ紹介していきたいと思います。

この写真はタイとミャンマー国境にある渓流に行ったときの写真です。

ここでは、ラスボラ、スパイニーイール、ゴビーの仲間、手長エビ、沢ガニ、ボニータの仲間、ダニオ、etc

が取れました。 タガメのような水棲昆虫も沢山捕れました。 写真は追ってご紹介します。

タイは一年を通して暑いイメージがありますが、ここは山の上で標高もかなりあるので、

夜間は寒かったですね。 水温は体感で約20度弱といったところでしょうか。

東南アジア産の魚は熱帯魚として、どれも25度くらいで飼育していましたが、

魚によっては、少し情報を修正しないといけないなあと感じました。

下流の方に大きな網を置き、上流サイドで川底の小石をザクザクと足でひっくり返す。

そんなシンプルな捕り方ですが、魚影が濃くて、1時間ほどで数百匹の魚やエビが捕れました。

びっくりですね。 まだ本に掲載されていない未掲載の新種も数種捕れました。 

と言っても、目を見張るような美しい魚では無かったですが。

夜はバンガローのような小屋で就寝。 すきま風がビュービュー入ってくるような小屋で、

一泊なんと1500円w 値段は安いのですが

部屋にあるのはベッドとブランケット一枚だけ。

シャワーはぬるい温水がでる給湯器のみ。なかなか過酷でしたw。

ここに4日間も居たんですよ。 恐るべし自分。 なんて思いながら捕った魚を手に帰路につきました。

次回はバンガローの写真を出しますね。

それではまたー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Satoshi

Author:Satoshi
アメリカ在住23年を経て、日本で熱帯魚界デビューしました。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧有り難う御座います!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。